写真学習プログラム

日本写真家協会では、「写真に関する創作活動の奨励、人材の育成、教育に関わる事業」の一環として、富士フイルムイメージングシステムズ(株)の協力で、2005年(平成17)年から小学生を対象に、写真の原点ともいえるフィルム(レンズ付きフィルムカメラ「写ルンです」)を使った「写真学習プログラム」を、毎年全国の小学校50校(クラス)で実施しております。
フィルムカメラを使っての写真学習は、単に写ったという喜びだけでなく、事物の観察を通して物事を注意深く見る、凝視することの大切さを習得、「体験参加型」の学習並びに指導で、写真という優れた記録媒体を使っての「記録・表現することの意味」を理解し、家庭や社会で広く写真を活用してもらおうという願いがあります。
2016年(平成28年)度3月までの12年間で 606校、21,627名の児童が体験し、教育現場での成果を上げております。

edu_03.jpg
教室での授業風景
edu_03.jpg
「写ルンです」を手に持って
edu_03.jpg
生徒の前で引伸ばした写真を講評

栃木県那須塩原市立青木小学校 6年

小学校は広大な那須連山に囲まれた風光明媚な場所にある。そんな風景に囲まれている子どもたちの視線は優しいものだった。

福岡県みやま市立二川小学校 6年

1回目は作品をプロジェクターでスクリーンに映して写真の記録性、楽しみ方などを話した。レンズ付きフィルムは、ほとんどの児童が初体験だった。

新潟県新潟市立江南小学校  6年2組

2回目は全作品をボードに展示して一人一人の作品をTVモニターに映しながら語ってもらった。家族を語る様子は「嬉しいけれど恥ずかしい」の楽しそうな表情であった。

新潟県新潟市立江南小学校 6年1組

江南小学校は1982年開校。翌1983年の卒業一期生には私の長女、そして次女、三女と続いた娘たちの母校だ。その当時の様子をTVモニターに映写しながら「写真の記録性・楽しさ・素晴らしさ」をレクチャーした。

福岡県大川市立大野島小学校 6年

 1回目は講師が用意したプリント作品を指名した児童に見せ、その児童が他の児童には写真を見せないで言葉だけでどれだけ写真の内容を伝えることができるかを体験してもらった

福岡県大川市立大野島小学校 5年

1回目は写真の楽しみ方や記録性について話した。「写ルンです」は、ほとんどの児童が初体験で興味津々であった。

広島県福山市立戸手小学校 6年2組

1組と共通していえたことは「ファインダーを覗く」という動作が新鮮であったようだ。スマホ、タブレット、コンデジは画像を見ながら撮影するというのが今の子どもたちには、あまりにも当たり前なのだろ

広島県福山市立戸手小学校 6年1組

1回目の開催でフィルムを知らない子が8割くらいいた。デジカメよりもスマホやタブレットの方が、子どもたちに近い存在になっているというのは、残念に感じる。

埼玉県新座市立八石小学校  4年2組

1回目はカメラの説明や写真の楽しさ、撮り方を話し撮影を行ったが2回目のとき各自のL判プリント、コンタクトプリント、ネガフィルムを手渡し児童たちで話し合いを行った。

埼玉県新座市立八石小学校  4年1組

「写ルンです」カメラに興味を持ち、撮った写真はどこで見るのか、フィルムってなに、しばらく質問攻めにあったが、「脇をしっかり締めてぶれない楽しい写真を撮ろう」と出かける