中西裕人写真展「Stavros アトスの修道士」

2015年09月27日    中西裕人

アトスの修道士

中西裕人写真展「Stavros アトスの修道士」

10月1日(木)〜10月13日(火)キヤノンギャラリー仙台にて開催いたします。

(初日10月1日、2日在廊いたします。)

Stavros(スタヴロス)は、ギリシア語で十字架を意味します。写真家 中西裕人は、ギリシア正教最大の聖地、世界遺産、聖山アトスを訪れ、中世より女人禁制をつらぬいたまま祈りに生涯を捧げる修道士のすがたと、エーゲ海北部のゆたかな自然を撮り続けました。この地は、ギリシア国内でありながら修道士の自治領であり、入域および写真撮影は、主席大臣の特別の許可が必要です。本展では、日本ハリストス正教会司祭である父・中西裕一とともに修道士たちの生活に密着してとらえた貴重な瞬間をご覧いただけます。

写真展情報詳細はこちらをご覧ください

キヤノンサロン仙台アクセス