「写真のデジタル加工」についてのウォールストリートジャーナル記事

2016年08月17日    木村正博

「写真のデジタル加工」についてのウォールストリートジャーナル記事

wsj仕事の資料調べでネット検索をしていたところ、「写真のデジタル加工、どこまで許される? SNSと編集ツールの普及で本物と創造の世界があいまいに」と題されたウォールストリートジャーナルの記事(ELLEN GAMERMAN氏執筆)が眼に入りました。
早々読んでみたところ写真のデジタル化によって画像編集が容易になり、その結果生じている様々な弊害について具体例を示しながら論じています。詳細はリンクページに譲りますが、私の目を引いたのは、2015年の世界報道写真コンテストの最終選考段階で20%、2016年が約17%の作品がデジタル加工を理由に選考対象から除外されたというものと、加工が疑われる報道写真はメディアへの不信を高めるとの言葉で、興味のおありの方は訪れてみてください。
リンク先のページではデジタル編集作業のBeforeとAfterを比較することもできます。

「写真のデジタル加工、どこまで許される?
SNSと編集ツールの普及で本物と創作の境界があいまいに」By ELLEN GAMERMAN 2016年8月16日 16:04 JST 配信

 ウォールストリートジャーナル記事はこちら