page2019 セミナー「写真フィルムのデジタルアーカイブ」開催のお知らせ 2/6

page2019オープンイベント「日本写真保存センター」セミナー
写真フィルムのデジタルアーカイブ―デジタル化による利用・検索の可能性―

写真術の発明によって情報伝達の技術が急速に進みました。景観や日々の暮らし、風俗から自然災害、戦乱といった事象が次々と伝達され、その折々の状況が写真家によって、フィルムに克明に記録され歴史を構築しています。
その残されている夥しい画像が、時を経るごとに劣化や廃棄の危機に瀕しています。こうした現状を防ぐため、日本写真保存センターでは遺族や写真家のもとから写真原板を収集・保存し、利活用をするためのデータベース化を図り、アーカイブの構築を行っています。
本セミナーでは、講師に国立民族学博物館の丸川雄三准教授をお迎えして、「写真アーカイブとは何か」「デジタル化によって利活用がどのように広がるか」について講演をしていただきます。

丸川雄三氏

日時:2019年2月6日(水)13:30~16:30
会場:池袋サンシャインシティー文化会館7階710号室

  1. 「写真保存センターの活動―収集・保存、データベースの構築」について
    講師:松本徳彦(公益社団法人日本写真家協会副会長)
  2. 「写真原板情報のデジタル化―利活用の範囲を広げる」について
    講師:丸川雄三(国立民族学博物館人類基礎理論部研究部准教授)右写真
  3. 質疑応答 ディスカッション

聴講:無料
定員:80名(申し込み順。定員に達し次第で締め切ります)

★収蔵フィルムから構成した「後世に遺したい写真」をご覧いただきます。

下記フォームにて申込みください。

 

開催チラシはこちら

page2019「日本写真保存センター」セミナー申込フォーム

page2019「日本写真保存センター」セミナーへのお申込は下記フォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。
お申し込みと同時に自動送信される「確認メール」をご覧ください。

page2019「日本写真保存センター」セミナー

*は必須項目です。

お名前*

ふりがな(全角)*

年齢*必ず半角数字で入力してください

メールアドレス*必ず半角で入力してください

※ メールアドレスは正確にご記入をお願い致します。間違ってご記入するとこちらからメールの返信が出来ませんのでご注意下さい。
また携帯電話のキャリアメールではこちらからのメールを正しく受け取れない可能性がありますのでご使用を控えて頂きますようお願い致します。

電話番号(日中連絡の付きやすい番号)*必ず半角数字で入力してください

※多数のご応募が予想されます。キャンセル等無い様ご協力お願い致します。

お問い合わせ等

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて
「送信」ボタンをクリックして下さい。

確認  ← ← チェックを入れなければ送信できません。

お問合せ先:03-3265-7451
公益社団法人日本写真家協会 事務局まで

個人情報の取扱について
お申込みいただいた個人情報は運営管理、実施、次回開催等の案内の目的のみ使用します。