JPS展


公益社団法人日本写真家協会(略称JPS)は全国に1,400名余りの会員を擁する職業写真家の団体です。協会の文化活動としての展覧会活動は、協会発足当時から始まっています。本協会創立の翌年1951年には「日本写真家協会 第1回展」を開催、1962年の第10回展まで行われました。同展は1976年に「JPS展」と名称を新たにし、1977年からは一般公募を開始、91年からは写真学生を対象とした「ヤングアイ」にまで規模を拡大して開催しています。一般公募では、文部科学大臣賞東京都知事賞金・銀・銅賞の他、奨励賞、優秀賞が与えられ、プロの写真家への登竜門となっています。

 

2022JPS展 作品募集のご案内

 

 

2022JPS展 審査員

 

 

2020JPS展・2021JPS展 VR写真展

2020JPS展・2021JPS展は、新型コロナウイルス蔓延による緊急事態宣言発出に伴い会期が大幅に短縮となったため、会場にお越しいただくことが出来なかった方とより多くの人たちに展示作品をご覧いただきたいと思い、JPS展VR写真展を公開いたしました。


画像をクリックすることで、VRにて写真展会場を観覧することができます。


JPS展アーカイブ

 

JPS展メールマガジン

 

 


 

これまでのJPS展