第1回「笹本恒子写真賞」受賞者 宇井眞紀子写真展「アイヌ、現代の肖像」開催のお知らせ 12月14日~

第1回「笹本恒子写真賞」受賞者
宇井眞紀子写真展「アイヌ、現代の肖像」開催のお知らせ

第1回「笹本恒子写真賞」受賞者
宇井眞紀子写真展「アイヌ、現代の肖像」

期間:2017年12月14日(木)~12月20日(水)

午前10:00~午後6:00(入場無料)最終日午後3:00まで

日曜・祝日休館

会場:アイデムフォトギャラリー 「シリウス」

電話:03(3350)1211

(最寄駅:東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」)

 

写真展案内

日本写真家協会が主催する「笹本恒子写真賞」は日本初の女性報道写真家・笹本恒子の「時代を捉える鮮鋭な眼と社会に向けてのヒューマニズムな眼差しに支えられた業績」を顕彰し、その精神を引き継ぐ写真家の活動を支援することを目的として設けられた。

選考委員は椎名誠(作家)、大石芳野(写真家)、熊切圭介(日本写真家協会会長)

「第1回受賞者の宇井眞紀子さんは25 年以上にわたってアイヌを撮り続けている。北海道ばかりではなく日本各地に住む彼らを訪ねて、丹念に付き合いながらレンズを向けてきた実績が写真から伝わってくる。報道写真は先ずは対象を撮るだけで重要な役割を果たすのだけれど、同じように奥深いところまで汲み取った表現がいかにできるかも大事な要素と言える。そういったことから考えても宇井さんの写真には、アイヌ民族が抱え込まされた理不尽さと同時に伝統的な祀や文化の輝かしさもしっかりと描かれている。何よりもモノクロームのトーンの美しさがアイヌの人たちの表情に重なって、一見、地味に見えるものの実に奥深い写真に出来上がっている点も評価した。」

選考委員・大石芳野 選評より抜粋

(出展枚数 カラーモノクロ 約60点)