写真学習プログラム

日本写真家協会では、「写真に関する創作活動の奨励、人材の育成、教育に関わる事業」の一環として、富士フイルムイメージングシステムズ(株)や(一財)日本写真アート協会の協力で、小学生を対象に、写真の原点ともいえるフィルム(レンズ付きフィルムカメラ「写ルンです」)やデジタルカメラを使った「写真学習プログラム」を、毎年全国の小学校20校(クラス)で実施しております。
写真学習プログラムは、単に写ったという喜びだけでなく、事物の観察を通して物事を注意深く見る、凝視することの大切さを習得、「体験参加型」の学習並びに指導で、写真という優れた記録媒体を使って「記録・表現することの意味」を理解し、家庭や社会で広く写真を活用してもらおうという願いがあります。
2005年(平成17年)から始まり、2020年(令和2年)3月までの15年間で696校、24,045名の児童が体験し、教育現場での成果を上げております。

edu_03.jpg
教室での授業風景
edu_03.jpg
「写ルンです」を手に持って
edu_03.jpg
生徒の前で引伸ばした写真を講評

 


特別協力

富士フイルムイメージングシステムズ(株)

一般財団法人日本写真アート協会

協力

ウエスタンデジタル合同会社

(株)ケンコー・トキナー

パナソニック エンターテインメント&コミュニケーション(株)

リコーイメージング(株)

 

福岡県大川市立大野島小学校 5年

1回目は写真の楽しみ方や記録性について話した。「写ルンです」は、ほとんどの児童が初体験で興味津々であった。

広島県福山市立戸手小学校 6年2組

1組と共通していえたことは「ファインダーを覗く」という動作が新鮮であったようだ。スマホ、タブレット、コンデジは画像を見ながら撮影するというのが今の子どもたちには、あまりにも当たり前なのだろ

広島県福山市立戸手小学校 6年1組

1回目の開催でフィルムを知らない子が8割くらいいた。デジカメよりもスマホやタブレットの方が、子どもたちに近い存在になっているというのは、残念に感じる。

埼玉県新座市立八石小学校  4年2組

1回目はカメラの説明や写真の楽しさ、撮り方を話し撮影を行ったが2回目のとき各自のL判プリント、コンタクトプリント、ネガフィルムを手渡し児童たちで話し合いを行った。

埼玉県新座市立八石小学校  4年1組

「写ルンです」カメラに興味を持ち、撮った写真はどこで見るのか、フィルムってなに、しばらく質問攻めにあったが、「脇をしっかり締めてぶれない楽しい写真を撮ろう」と出かける

埼玉県新座市立栄小学校 4年2組

1回目に撮影を行った成果のプリントを前にして、校長先生の話から始まった。体育館にL判プリントと四切ワイドプリントを敷き詰めて講評を行った。

埼玉県新座市立栄小学校  4年1組

天気もよく秋の名残がある日に4年生2クラスを対象に写真学習プログラムを実施した。フィルムカメラのメカニズム、写真の面白さ、日常生活に欠かせない写真のあり方を4年生に話すには、使う言葉にかなり神経を必要とした。

徳島県吉野川市上浦小学校  5~6年

1回目は5年生、6年生の合同遠足から始まった。最初、なぜ上浦小学校で写真学習プログラムをする事になったかを説明したあと、カメラの操作と撮影する時の気構え、自由に自分が感じたこと、自分にとって大切な人などにカメラを向けて下さい、と話をした。

千葉県勝浦市立郁文小学校 4~6年

明治28年創立の郁文小学校は128年を経た今、児童数が少なく間もなくの統合が決定しており、今回4、5、6年併せて22名の実施だった。

長崎県対馬市立豊小学校 4~6年

2回にわたり長崎県対馬市の豊小学校で写真学習プログラムを実施した。1回目は児童一人ひとりにカメラを配り、使い方・撮影の仕方を簡単に説明した後、実際に撮影に取り掛かった。