写真学習プログラム

日本写真家協会では、「写真に関する創作活動の奨励、人材の育成、教育に関わる事業」の一環として、富士フィルムイメージングシステムズ(株)や(一財)日本写真アート協会の協力で、小学生を対象に、写真の原点ともいえるフィルム(レンズ付きフィルムカメラ「写ルンです」)やデジタルカメラを使った「写真学習プログラム」を、毎年全国の小学校20校(クラス)で実施しております。
写真学習プログラムは、単に写ったという喜びだけでなく、事物の観察を通して物事を注意深く見る、凝視することの大切さを習得、「体験参加型」の学習並びに指導で、写真という優れた記録媒体を使って「記録・表現することの意味」を理解し、家庭や社会で広く写真を活用してもらおうという願いがあります。
2005年(平成17年)から始まり、2019年(令和元年)度3月までの15年間で696校、24,045名の児童が体験し、教育現場での成果を上げております。

edu_03.jpg
教室での授業風景
edu_03.jpg
「写ルンです」を手に持って
edu_03.jpg
生徒の前で引伸ばした写真を講評

平成25年度写真学習プログラム実施報告 東京都世田谷区立松原小学校

平成25年度写真学習プログラム実施報告 東京都世田谷区立松原小学校

平成25年度写真学習プログラム実施報告 東京都港区立麻布小学校

平成25年度写真学習プログラム実施報告 東京都港区立麻布小学校

平成25年度写真学習プログラム実施報告 山形県村山市立大久保小学校

平成25年度写真学習プログラム実施報告 山形県村山市立大久保小学校

平成25年度写真学習プログラム実施報告 埼玉県宮代町立百間小学校

平成25年度写真学習プログラム実施報告 埼玉県宮代町立百間小学校

平成25年度写真学習プログラム実施報告 東京都世田谷区立三軒茶屋小学校

平成25年度写真学習プログラム実施報告 東京都世田谷区立三軒茶屋小学校

平成25年度写真学習プログラム実施報告 大阪府大阪市立長吉六反小学校

平成25年度写真学習プログラム実施報告 大阪府大阪市立長吉六反小学校